16.Jul.2024 21:41

LOGIN

Terms and conditions

⽣徒規約

株式会社ともにジャパン(以下、「当社」といいます。)が運営するサービスである「PONTIS」(以下、「本サービス」といいます。)は、以下の「⽣徒規約」(以下、「本規約」といいます。)を承諾頂いた⽣徒(第1条にて定義します。)にのみ提供するサービスです。⽣徒は、あらかじめ本規約の内容に同意の上、本サービスを利⽤するものとします。

第1条 定義
本規約において、以下の各号の⽤語は、各号所定の意味を有するものとします。
(1)「授業」:知識の教授や情報の提供、会話の訓練、アドバイス⾏為等の総称
(2)「⽣徒」:授業の受講を希望する者、⼜は実際に授業を受講する者
(3)「講師」:授業の提供を希望する者、⼜は実際に授業を提供する者(当社サイトでは先⽣と表記)
(4)「授業契約」:講師と⽣徒との間で締結される授業の提供及び受講に関する契約
(5)「講師料」:授業の対価として⽣徒が当社を介して講師に⽀払う料⾦
(6)「マッチングサービス」:本サービスのうち授業契約の締結を仲介するサービス
(7)「マッチング料」:マッチングサービス利⽤の対価として⽣徒が当社に⽀払う料⾦
(8)「授業料」:授業の対価として、⽣徒が当社に⽀払う費⽤。講師料とマッチング料との合計⾦額
(9)「チケット」:⼀定の⾦銭を対価として当社から⽣徒に付与される電磁的記録であって、授業料の⽀払⼿段となるもの
(10)「コイン」:授業の対価として当社から講師にオンライン上で付与され、講師料の算定基準となるもの
(11)「当社サイト」:当社が運営するウェブサイト(https://pontis.jp)のこと
(12)「電⼦メール等」:電⼦メールまたは本サイトのメッセージ機能を使⽤して送信するメッセージのこと

第2条 本サービスの内容
本サービスは、以下の各号のサービスをその内容とします。
(1)⽣徒による授業の検索、授業契約の申込、申込済みの授業契約の管理等を容易にするサービス
(2)マッチングサービス
(3)⽣徒に対して授業を⾏うサービス
(4)⽣徒に対して、電⼦メール等にて定期的にまたは不定期に本サイトの更新情報やキャンペーン情報その他の配信を⾏うサービス
(5)講師による⽣徒からの授業契約の申込に対する承諾を容易にするサービス
(6)その他、当社が別途定めるサービス

第3条 規約の適⽤
1. 本規約は、⽣徒による本サービスの利⽤について適⽤されるものとします。
2. 本規約及び諸規定並びに当社サイト上での掲⽰を含む当社が第4条に基づき⽣徒に対して発する⼀切の通知(以下、総称して「当社が定める利⽤規約等」といいます。)は、それぞれ本規約の⼀部を構成するものとします。
3. 本規約の規定と前項の利⽤規約、諸規定、通知の内容が異なる場合には、当該通知、当該諸規定、当該利⽤規約、本規約の順で優先して適⽤されるものとします。なお、当社サイト上での掲⽰による通知とその他の⽅法による通知の内容が異なる場合には、後に通知されたものが優先して適⽤されるものとします。
4. 講師による本サービスの利⽤については、当社が別途定める講師規約(以下、「講師規約」といいます。)が適⽤されるものとします。
5. 本規約における⽇時は、⽇本の標準時刻に従うものとします。

第4条 当社からの通知
1.当社から⽣徒への通知は、当社サイト上での掲⽰、電⼦メール等の送信、⽂書の送付その他当社が適当と判断する⽅法により⾏います。
2.前項の規定に基づき、当社が前項の通知を当社サイト上での掲⽰、電⼦メール等の送信⼜は⽂書の送付により⾏った場合は、当社が当社サイト上に掲⽰し、電⼦メール等を発信し、⼜は⽂書を発送した時点からその効⼒を⽣じるものとします。
3.⽣徒は、当社から⽣徒への通知を随時確認する義務を負うものとし、⽣徒が当該確認を怠ったことにより発⽣した⽣徒の損害に関して当社は⼀切責任を負いません。

第5条. 本サービスの利⽤資格
⽣徒が未成年者の場合、本サービスの利⽤については、親権者⼜は後⾒⼈の同意を得なければならないものとします。

第6条 本サービスの利⽤に関して
1. ⽣徒は、当社から提供される情報の真実性、正確性、確実性、信頼性、有⽤性等その他本サービスの品質、正確性、確実性、信頼性、有⽤性等については⾃ら判断するものとし、これらを⾃⼰の責任において利⽤することにあらかじめ同意するものとします。
2. ⽣徒は、講師により提供される授業の品質、正確性、信頼性、有⽤性等については⾃ら判断するものとし、これらを⾃⼰の責任において利⽤することにあらかじめ同意するものとします。
3. ⽣徒は、授業契約を申し込む前に、授業を提供する講師について情報を⼗分に確認したのちに授業契約の申込を⾏うものとし、講師の⾝元や提供する授業の内容等に疑問がある場合は、本サービス上の講師へのメール機能を使って直接講師に問い合わせるものとします。
4. 授業は原則として講師により提供されるものとし、当社は、当社が別途必要と認めた場合を除いては、授業を提供しないものとします。
5. ⽣徒は、講師によっては⾳声のみでの授業となる場合があること及び講師毎に発⾳に差異があることについて、あらかじめ同意するものとします。
6. 当社は、講師により提供される授業及び講師と⽣徒との間において相互に提供される情報の査定や管理は⼀切⾏わないものとします。
7. 当社は、講師の⾝元情報その他講師が掲⽰する諸情報の真実性、正確性、確実性、信頼性、有益性等については、⼀切保証しないものとします。
8. 当社は、講師の作為⼜は不作為により⽣徒⼜は第三者が損害⼜は損失等を被ったとしても、⼀切の責任を負わないものとします。
9. 当社は、⽣徒と講師との間で相互に提供されるいかなる情報、ファイル及び物品等について⼀切責任を負わないものとし、⽣徒は、これらの情報、ファイル⼜は物品等の提供によって⽣徒に⽣じたいかなる種類の損害⼜は損失等からも当社を免責することにあらかじめ同意するものとします。

第7条 他の⽣徒等とのトラブル
⽣徒は、万が⼀、他の⽣徒、講師その他の第三者から何らかの被害や迷惑を被る等⽣徒と他の⽣徒、講師その他の第三者との間でトラブルが⽣じた場合には、⾃⼰の責任と費⽤をもってその処理解決を図るものとし、当該トラブルに関連して当社が損害を被った場合には、その全ての損害(合理的な弁護⼠費⽤を含みますがこれに限りません。)を直ちに賠償する責任を負うものとします。なお、当社が当該トラブルを処理解決した場合には、その処理解決に要した全ての費⽤(合理的な弁護⼠費⽤を含みますがこれに限りません。)は、⽣徒の負担とします。

第8条 ⽣徒登録
1. ⽣徒は、⾃ら当社サイト上の⽣徒登録ページの⼊⼒フォームに⾃⼰の⽒名、性別、電⼦メールアドレス、パスワード、居住国その他当社が別途指定する情報を⼊⼒し、これを当社に送信する⽅法その他当社が別途指定する⽅法により⽣徒登録申込(以下、「⽣徒登録申込」といいます。)を⾏うものとします。なお、⽣徒は、当社が別途認める場合を除き、⽣徒登録申込を第三者に⾏わせてはならないものとします。
2. ⽣徒は、⽣徒登録申込の際、虚偽の内容を⼊⼒してはならないものとします。
3. 当社は、⽣徒に対し、⽣徒登録申込を承諾する旨の電⼦メール等を送信する⽅法その他当社が別途定める⽅法により⽣徒登録申込を承諾するものとします。
4. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、その理由を開⽰することなく、⽣徒登録申込を承諾しないことができるものとします。
(1)⽣徒登録申込が⽣徒以外の第三者により⾏われたことが判明した場合(但し、当社が別途認める場合を除きます。)
(2)⽣徒登録申込時に⼊⼒された内容に虚偽、誤記、⼊⼒漏れがあったことが判明した場合
(3)⽣徒が過去に本規約違反等により⽣徒登録の抹消処分等を受けていたことが判明した場合
(4)その他、⽣徒登録申込を承諾することが不適切であると当社が判断した場合
5. ⽣徒は、⽣徒登録申込時に⼊⼒した⽒名、電⼦メールアドレス、居住国その他当社が別途指定する情報に変更が⽣じた場合、当社が別途定める⽅法により直ちに当社に届け出るものとします。
6. ⽣徒が、前項の届出をするまでの間または前項の届出を怠ったことにより、不利益を被ったとしても、当社は⼀切その責任を負いません。
7. ⽣徒は、当社が別途定める⼿続により⽣徒登録を⾃ら抹消することができるものとします。なお、本項本⽂に基づき⽣徒登録が抹消された時点で⽣徒が保有する未使⽤チケットは当該時点で消滅するものとし、その払戻は⾏わないものとします。
8.⽣徒が本サイト上で最後に受講申込または最後にチケット購⼊を⾏った⽇のいずれかの遅い⽅から365⽇を経過した場合、⽣徒登録は⾃動的に抹消されます。

第9条 本サービス提供の停⽌・当社による⽣徒登録の抹消
当社は、⽣徒が以下の各号のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、当該⽣徒に対する本サービスの提供を停⽌し、⼜は⽣徒登録の抹消を⾏うことができるものとします。なお、本条本⽂に基づき⽣徒登録が抹消された時点で⽣徒が保有する未使⽤チケットは当該時点で消滅するものとし、その払戻は⾏わないものとします。
(1)過去に本規約違反等により⽣徒登録の抹消処分等を受けていたことが判明した場合
(2)第17条各号に定める⾏為を⾏った場合
(3)前⼆号に定める他、本規約に違反した場合
(4)その他、本サービスを提供し、⼜は⽣徒登録を維持することが不適切であると当社が判断した場合

第10条 パスワードの管理・使⽤等
1. ⽣徒は、本サービスの利⽤に必要なパスワード(以下、「パスワード」といいます。)の管理及び使⽤について⼀切の責任を負うものとし、当社はパスワードの管理について⼀切の責任を負いません。 2. ⽣徒は、当社が別途認める場合を除き、パスワードを第三者に譲渡、貸与若しくは開⽰し、⼜は使⽤させてはならないものとします。
3. パスワードの使⽤上の過誤⼜は第三者の不正使⽤等による不利益、損害、改ざん等については、当該パスワードを保有する⽣徒が⼀切の責任を負うものとし、当社は⼀切の責任を負わないものとします。
4. ⽣徒は、パスワードが第三者により無断で使⽤される等の不正使⽤がなされていることを発⾒した場合、当社へ直ちに連絡するものとし、当社から指⽰がある場合はこれに従うものとします。

第11条 費⽤負担
1. ⽣徒は、本サービスを利⽤し、⼜は授業を受講するために必要なハードウェア(PC、ヘッドセット、マイク、イヤホン等を含みますがこれらに限りません。)、ソフトウェア(第20条第1項に定めるビデオ通話アプリを含みますがこれに限りません。)、通信回線その他の⼀切を⾃⼰の責任と費⽤をもって準備するものとします。
2. ⽣徒は、本サービスの利⽤⼜は授業の受講には、前項に定める他、電話代等の通信費⽤、インターネットへの接続費⽤、電気代その他の費⽤がかかることを了承し、これを負担するものとします。

第12条 授業契約の成⽴等
1. 授業契約は、⽣徒による授業契約の申込に対し、講師が、本サービス上のシステムを利⽤して、当該申込を承諾する旨の電⼦メール等を送信した時点で成⽴するものとします。
2. ⽣徒は、当社が別途定める「キャンセルポリシー(講師向け)」に基づき講師が⽣徒による授業契約の申込を承諾せず、⼜は、成⽴後の授業契約をキャンセルすることができることにあらかじめ同意するものとします。

第13条 授業終了後の評価の期限
⽣徒は、授業契約に基づく授業の終了後72時間以内に当該授業の講師へのフィードバックを⾏う必要があります。授業終了後72時間以内に講師へのフィードバックがなされなかった場合は、授業は正常に⾏われたとみなします。

第14条 チケットの購⼊・管理・使⽤等
1. ⽣徒は、当社からチケットを購⼊した上、購⼊したチケットを使⽤する⽅法で当社に授業料を⽀払うものとします。なお、授業料のうち講師料については、当社が⽣徒に代わって講師に対し現⾦を振込送⾦する⽅法で⽀払うものとします。
2. 授業料の⽀払に必要なチケットの数については、講師がその裁量のもとに決定するものとします。
3. ⽣徒が授業契約の申込を⾏うと同時に当該⽣徒の保有チケットから当該授業契約に係る授業料に相当するチケットが差し引かれるものとします。
4. ⽣徒は、授業契約を申し込む前に、当社からチケットを購⼊しなければならないものとします。
5. ⽣徒は、当社からチケットを購⼊する際、当社が別途指定する⼀定数のチケットをまとめて購⼊しなければならないことにあらかじめ同意するものとします。
6. チケットの購⼊代⾦は、当社が別途定める場合を除き、1チケット1.10円(税込)とします。
7. ⽣徒は、チケットの購⼊を希望する場合、当社が別途指定する⽅法により⾃ら購⼊申込(以下、「購⼊申込」といいます。)を⾏うものとします。
8. ⽣徒は、購⼊申込の際、虚偽の内容を⼊⼒してはならないものとします。
9. チケットの購⼊代⾦は、⽣徒本⼈名義のクレジットカード(当社が別途指定するクレジットカード会社が発⾏するものに限るものとします。)による⽀払、PayPal(ペイパル)による⽀払、その他当社が別途指定する⽅法により⽀払うものとします。
10. ⽣徒は、購⼊申込をした後は、当社が別途認める場合を除いて購⼊申込を撤回⼜は取り消すことができないことにあらかじめ同意するものとします。
11. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、⽣徒に事前の通知をすることなく、チケットの抹消その他適切な措置をとることができるものとします。
(1)購⼊申込が⽣徒以外の第三者により⾏われたことが判明した場合
(2)購⼊申込の際に⽣徒が⼊⼒した内容に虚偽、誤記⼜は⼊⼒漏れがあったことが判明した場合
(3)チケットの購⼊代⾦の⽀払に他⼈名義のクレジットカードが利⽤されたことが判明した場合
(4)前各号に定める他、⽣徒が本規約に違反した場合
(5)その他、チケットの抹消その他適切な措置をとることが必要であると当社が判断した場合
12. ⽣徒は、授業料の⽀払以外の⽬的でチケットを使⽤することはできないものとします。
13. チケットの有効期間は当社が⽣徒にチケットを発⾏した⽇から6ヶ⽉間とし、当社がチケットを発⾏した⽇から6ヶ⽉間経過した時点で当該チケットは消滅するものとします。なお、チケットの有効期間は、個々のチケットについて個別に起算、算定されるものとし、いかなる理由によっても延⻑されないものとします。
14. ⽣徒は、チケットの使⽤及び管理について⼀切の責任を負うものとします。
15. ⽣徒は、チケットを第三者に譲渡若しくは貸与し、⼜は使⽤させてはならないものとします。
16. チケットの使⽤上の過誤⼜は第三者の不正使⽤等による不利益、損害、改ざん等については、当該チケットを保有する⽣徒が⼀切の責任を負うものとし、当社は⼀切の責任を負わないものとします。
17. ⽣徒は、チケットが第三者により無断で使⽤される等の不正使⽤がなされていることを発⾒した場合、当社へ直ちに連絡するものとし、当社から指⽰がある場合はこれに直ちに従うものとします。
18. ⽣徒は、第三者によりチケットが不正に使⽤された場合を含め、いかなる理由によってもチケットの再発⾏がなされないことにあらかじめ同意するものとします。

第15条 使⽤チケットの返還
1. ⽣徒による授業契約の申込⼜は成⽴後の授業契約のキャンセル⼜は授業時間の変更の可否、キャンセルがなされた場合の使⽤チケットの返還(前条第3項に基づき⽣徒の保有チケットから差し引かれたチケットを当該⽣徒の保有チケットとして復帰させることを意味するものとします。以下、同様とします。)の取扱等については、当社が別途定める「キャンセルポリシー(⽣徒向け)」に従うものとします。
2. 本条第1項で定める他、以下の各号のいずれかに該当する事態が発⽣した場合、⽣徒は当社に利⽤チケットの返還を求めることができるものとします。
(1)成⽴後の授業契約が当社側⼜は講師側のみの都合でキャンセルされ、その事実に基づき⽣徒が当社に対してチケットの返還を請求した場合
(2)授業中に講師側のみに起因する事由により授業契約で定められていた授業時間のうち累計20%に相当する時間分の授業の遂⾏が妨げられ、その事実に基づき⽣徒がチケットの返還を請求した場合
3. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、⽣徒に対し、当社が必要と判断する情報の提供を請求することができるものし、⽣徒は当該請求に直ちに応じなければならないものとします。
(1)⽣徒⼜は講師が成⽴後の授業契約をキャンセルした場合
(2)授業契約で定められていた授業時間のうち累計20%に相当する時間分の授業の遂⾏が妨げられた場合⼜はその可能性があると当社が判断した場合
(3)講師が講師規約に違反し、⼜は違反している可能性があると当社が判断した場合
(4)その他、当社が必要と判断した場合
4. 本条第2項各号に該当する事態が発⽣したか否かについては、当社が⽣徒及び講師双⽅に対し最⼤の誠意を持って調査した結果、当社が最終的に判断することとし、⽣徒及び講師はこれに従うものとします。
5. 本条第1項⼜は本条第2項に定める場合であっても、チケット使⽤の対象となった授業契約に関連して⽣徒が本規約に違反していた事実が判明した場合には、チケットの返還は⾏わないものとします。

第16条 チケットの払戻の禁⽌
第25条第2項に定める場合を除き、⼀度購⼊されたチケットの払戻は⾏わないものとします。

第17条 禁⽌事項
1. ⽣徒は、本規約に基づく権利義務の全部若しくは⼀部を第三者に譲渡若しくは承継し、⼜は担保に供してはならないものとします。
2. ⽣徒は、本サービスの利⽤⼜は授業の受講に関連して、以下の各号の⾏為を⾏わないものとします。
(1)事実に反する情報を送信⼜は掲⽰する⾏為
(2)本サービスにより利⽤しうる情報を改ざん⼜は消去する⾏為⼜はそれを試みる⾏為
(3)他の⽣徒、講師その他の第三者若しくは当社の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する⾏為⼜は侵害するおそれのある⾏為
(4)他の⽣徒、講師その他の第三者若しくは当社を差別若しくは誹謗中傷し、⼜は他の⽣徒その他の第三者若しくは当社の名誉若しくは信⽤を傷つける⾏為
(5)他の⽣徒、講師その他の第三者若しくは当社の財産、プライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権を侵害する⾏為⼜は侵害するおそれのある⾏為
(6)他の⽣徒、講師その他の第三者若しくは当社に対して無断で広告、宣伝、勧誘等の電⼦メール等を送信する⾏為、受信者が嫌悪感を抱く電⼦メール等を送信する⾏為、他者の電⼦メール等受信を妨害する⾏為、連鎖的な電⼦メール等転送を第三者に依頼する⾏為⼜は当該依頼に応じて電⼦メール等転送を⾏う⾏為
(7)詐欺等の犯罪に結びつく⾏為
(8)宗教、政治結社、マルチ商法等の勧誘を⽬的とする⾏為。
(9)わいせつ⼜は児童虐待にあたる⾔動、⾏為、画像、⽂書等を送信⼜は掲⽰する⾏為
(10)選挙運動若しくはこれに類似する⾏為⼜は公職選挙法に違反する⾏為
(11)コンピュータウイルス等有害なプログラムを使⽤若しくは提供する⾏為⼜は第三者に推奨する⾏為
(12)他の⽣徒、講師その他の第三者になりすまして、本サービスを利⽤する⾏為
(13)前各号に定める他、法令若しくは公序良俗に反する⾏為(売春、暴⼒、残虐⾏為等を含みますがこれらに限りません。)⼜は他の⽣徒、講師その他の第三者若しくは 当社に不利益を与える⾏為
(14)他の⽣徒、講師その他の第三者に対して本サービスと競合し、⼜は競合する可能性のあるサービスを紹介、斡旋等する⾏為
(15)同⼀⼈物による複数アカウントの作成
(16)講師やその他の⽣徒などの第三者を、過度に傷つけたり精神的苦痛を与える⾏為、⼈格を踏みにじる⾏為、その他⼀般的に不適切とされる⾏為
(17)PONTIS事務局および、講師の許可なく、授業・セミナーの撮影、録画、録⾳をすること
(18)前各号に定める⾏為を助⻑⼜は促進する⾏為
(19)その他、当社が不適切と判断した⾏為
2. ⽣徒は、⽣徒登録中はもちろん⽣徒登録抹消後であっても、本サービスに関連して知り得た講師に関する情報を本サービスの利⽤及びマッチングサービスにより締結された授業契約の履⾏以外の⽬的に使⽤してはならず、当該情報に含まれる講師に対してマッチングサービスを利⽤することなく直接の授業の申込等を⼀切⾏ってはならないものとします。

第18条 電⼦メール・アップロードされた情報等
1. 当社は、⽣徒、講師その他の第三者が作成した電⼦メール⼜はアップロードされた情報等の内容については、⼀切の責任を負わないものとします。
2. ⽣徒の電⼦メール送信、情報等のアップロード、電⼦メールのサービスプロバイダとの対応及び当該対応に関連する他の条件、保証⼜は表明については、⽣徒が⼀切の責任を負うものとし、⽣徒は、当該対応の結果としてのいかなる種類の損害⼜は損失等から当社を免責することに同意するものとします。

第19条 秘密情報等の取扱
1. ⽣徒は、受講登録申込の際その他当社が別途指定する機会に、本サービスの利⽤及び授業の受講に必要な情報として当社が別途指定する⽣徒の個⼈情報その他⽣徒に関する情報(以下、「個⼈情報等」といいます。)を当社に提供するものとします。当社は、個⼈情報等のうち当社が別途⼊⼒フォーム等において講師に知らせる⽬的で本サイト上に掲⽰することを明⽰した上で当該掲⽰を⾏うことにつき⽣徒からあらかじめ同意を得た情報を、本サイト上に掲⽰するものとします。
2. 本規約に特に定める他、⽣徒は、⽣徒登録中はもちろん⽣徒登録抹消後であっても、本サービスの利⽤⼜は授業の受講に関連して得られた他の⽣徒、講師その他の第三者及び当社に関する⼀切の情報について、その秘密を厳重に保持するものとし、⽅法の如何を問わず、これを第三者に開⽰あるいは漏洩し、また、本サービスの利⽤及びマッチングサービスにより締結された授業契約の履⾏以外の⽬的のために使⽤してはならないものとします。
3. 本規約に特に定める他、⽣徒は、本サービスと競合し、⼜は競合する可能性のあるサービスに関する情報を、当社サイト⼜は授業を通じて他の⽣徒、講師その他の第三者に提供しないものとします。

第20条 ビデオ通話アプリの利⽤
1.⽣徒は、授業を受講する際、第三者の提供するビデオ通話アプリ(以下、「ビデ オ通話アプリ」といいます。)を使⽤するものとします。
2.⽣徒は、ビデオ通話アプリを使⽤する際には、ビデオ通話アプリを提供する第三 者の定める利⽤規約、使⽤条件その他の定めに従うものとします。
3.⽣徒は、⽣徒登録を⾏う前に、あらかじめビデオ通話アプリをダウンロードし、 ⽣徒の環境下でビデオ通話アプリが使⽤可能かどうかを確認しなければならないもの とします。
4.当社は、⽣徒の環境下でビデオ通話アプリが使⽤できなかったこと、ビデオ通話 アプリの使⽤に必要なハードウェアの故障及び設定不備その他講師側の事由により⽣ 徒が授業を受講できなかったとしても、⼀切の責任を負わないものとします。

第21条 監視業務
1. 当社は、講師及び⽣徒が本規約等に従った本サービスの利⽤をしているか、また、本規約等に反する⾏為や不正がないかを監視する業務を独⾃の裁量で⾏う権利を有するものとします。
2. 本サービスで提供する「メッセージ機能」は、メッセージの送信者と受信者及び当社の三者のみが閲覧出来るようになっています。当社は前項の監視業務を含め本サービスの提供上必要な範囲に限り、かつ必要に応じて、その内容を閲覧し、講師及び⽣徒の本規約等の違反⾏為⼜は不正⾏為に対して弊社が適切と考える措置を⾏うことができるほか、本規約に照らして⼀部⼜は全てを削除することがあります。

第22条 ⾮保証・免責
1. 当社は、本サービスにおいて提供する情報の真実性、正確性、確実性、信頼性、有⽤性等その他本サービス及び授業の品質、信頼性、有⽤性等について、いかなる保証も⾏わないものとし、⽣徒がこれらに関連して被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
2. 当社は、本サービスの提供の停⽌、⽣徒登録の抹消、本サービスの中断、変更、追加、廃⽌等により⽣徒が被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
3. 当社は、⽣徒が他の⽣徒を含む第三者の作為⼜は不作為により被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
4. 本規約に特に定める他、当社は、本サービスの利⽤⼜は授業の受講に関連して⽣徒が被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
5. 当社は、⽣徒が本サービスの利⽤⼜は授業の受講に関連して他の⽣徒、講師その他の第三者に与えた損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。

第23条 本サービス提供の中断
当社は、次のいずれかに該当する場合には、⽣徒に事前に通知することなく、本サービスの提供を⼀時的に中断することができるものとします。
(1)本サービス⽤設備の保守⼜は⼯事のため、やむを得ない場合
(2)本サービス⽤設備に障害が発⽣し、やむを得ない場合
(3)電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利⽤が不能になった場合
(4)その他、運⽤上⼜は技術上当社が本サービスの⼀時的中断が必要と判断した場合

第24条 本サービスの内容の変更・追加
当社は、⽣徒に事前に通知することなく、本サービスの内容を変更⼜は追加することができるものとします。

第25条 本サービスの廃⽌
1. 当社は、⽣徒に通知することにより、本サービスを廃⽌することができるものとします。
2. 当社は、本サービスを廃⽌した場合には、本サービス廃⽌時に⽣徒が保有する未使⽤チケットについて、当社が別途定める⾦額を当社が別途定める⽅法により払い戻すものとします。

第26条 権利の帰属
当社が本サービスにおいて提供する情報等(映像、⾳声、⽂章、写真、画像等を含みますがこれらに限りません。)に関する著作権、商標権等の知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他⼀切の権利は、別段の定めがない限り、全て当社に帰属するものとします。

第27条 本規約等の改定
1. 当社は、⽣徒の承諾を得ることなく、本規約、当社が定める利⽤規約等を改定することができるものとします。
2. 改定後の本規約、当社が定める利⽤規約等は、当社が⽣徒に対してその改定内容を通知した時点から第3条第2項に従いその効⼒を⽣じるものとします。

第28条 消費者契約法との関係
本規約の各条項は、消費者契約法(平成12 年5 ⽉12 ⽇法律第61 号。以下、「消費者契約法」といいます。)の各条項と⽭盾⼜は抵触する部分については、その効⼒を⽣じないものとします。なお、本条本⽂により効⼒を⽣じない部分は、消費者契約法の各条項と⽭盾⼜は抵触する⼀部分に限られるものとし、当該⼀部分を含む各条項のうちの他の部分及び当該条項以外の他の条項については、何らの影響を受けることなくその効⼒が存続するものとします。

第29条 損害賠償
本規約に特に定める他、⽣徒は、本規約に違反したことにより、⼜は故意若しくは過失により、当社に損害を与えた場合、当社に対し、その全ての損害(合理的な弁護⼠費⽤を含みますがこれに限りません。)を直ちに賠償する責任を負うものとします。

第30条 反社会的勢⼒の排除
1. 当社は、⽣徒(⽣徒が法⼈である場合には、役員及び経営に実質的に関与している者を含む)が以下の各号に該当する者(以下 「反社会的勢⼒」という。)であることが判明した場合には、何らの催告を要せず、本契約を解除することができる。
(1)暴⼒団
(2)暴⼒団員
(3)暴⼒団員でなくなった時から5年を経過しない者
(4)暴⼒団準構成員
(5)暴⼒団関係企業
(6)総会屋等
(7)社会運動等標ぼうゴロ
(8)政治活動等標ぼうゴロ
(9)特殊知能暴⼒集団
(10)その他前各号に準ずる者
2. 当社は、⽣徒が反社会的勢⼒と以下の各号の⼀にでも該当する関係を有することが判明した場合には、何らの催告を要せず、 本契約を解除することができる。
(1)反社会的勢⼒が経営を⽀配していると認められるとき
(2)反社会的勢⼒が経営に実質的に関与していると認められるとき
(3)⾃⼰、⾃社若しくは第三者の利益を図り、⼜は第三者に損害を加えるために、反社会的勢⼒を利⽤した⼜は利⽤して いると認められるとき
(4)反社会的勢⼒に対して資⾦等を提供し、⼜は便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
(5)その他役員等⼜は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢⼒と社会的に⾮難されるべき関係を有しているとき
3.当社は、⽣徒が⾃ら⼜は第三者を利⽤して以下の各号の⼀にでも該当する⾏為をした場合には、何らの催告を要せず、 本契約を解除することができる。
(1)暴⼒的な要求⾏為
(2)法的な責任を超えた不当な要求⾏為
(3)取引に関して、脅迫的な⾔動をし、⼜は暴⼒を⽤いる⾏為
(4)⾵説を流布し、偽計⼜は威⼒を⽤いて当社の信⽤を棄損し、⼜は当社の業務を妨害する⾏為
(5)その他前各号に準ずる⾏為
4.当社が本条各項の規定により本契約を解除した場合には、⽣徒に損害が⽣じても当社は何らこれを賠償ないし補償することは 要せず、また、かかる解除により当社に損害が⽣じたときは、⽣徒はその損害を賠償するものとする。

第31条 準拠法
本規約に関する準拠法は、⽇本法とします。

第32条 管轄裁判所
⽣徒及び当社は、本サービスに関連して⽣徒と当社との間⼜は⽣徒と講師との間で訴訟の必要が⽣じた場合、その訴額に応じて東京地⽅裁判所⼜は東京簡易裁判所を第⼀審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

第33条 ⾔語
本契約は、⽇本語で作成され、英語に翻訳される。⽇本語版が正本であり、英語版は参考として作成される。これら両⾔語版の間に⽭盾抵触がある場合、⽇本語版が優先する。

第34条 存続条項
⽣徒登録抹消後といえども、第6条第1項、第6条第2項、第6条第5項、第6条第8項、第6条第9項、第7条、第9条、第10条、第11条、第16条、第18条、第26条、第28条ないし本条の各規定はなお有効に存続するものとします。

第35条 協議解決
本規約に定めのない事項⼜は本規約の解釈について疑義が⽣じた事項については、⽣徒と当社とで誠意をもって協議の上、解決にあたるものとします。

2023年4⽉1⽇ 制定・施⾏

キャンセルポリシー(⽣徒向け)

⽣徒による授業契約の申込⼜は成⽴後の授業契約のキャンセル、キャンセルがなされた場合の使⽤チケットの返還の取扱等については、この「キャンセルポリシー(⽣徒向け)」(以下、「本ポリシー」といいます)に定めるとおりとします。なお、本ポリシーにおける⽤語の定義は、本ポリシーに特に定めのない限り、当社が別途定める「⽣徒規約」の定義によるものとします。

1.⽣徒は、授業契約の申込を⾏った後、講師が本サービス上のシステムを利⽤して当該申込を承諾する旨の電⼦メールを送信するまでの間においては、ペナルティーを負うことなく、授業契約の申込のキャンセルを⾏うことができるものとし、⽣徒が授業契約の申込のキャンセルを⾏った場合には、当社は授業契約の申込時に⽣徒が使⽤した使⽤チケットの返還を⾏うものとします。

2.⽣徒は、講師が本サービス上のシステムを利⽤して⽣徒による授業契約の申込を承諾する旨の電⼦メールを送信して授業契約が成⽴した後であっても、当該授業契約に定められた授業開始⽇時の24時間前までであれば、ペナルティーを負うことなく、成⽴後の授業契約のキャンセルを⾏うことができるものとし、⽣徒が成⽴後の授業契約のキャンセルを⾏った場合には、当社は、授業契約の申込時に⽣徒が使⽤した使⽤チケットの返還を⾏うものとします。

3.⽣徒は、授業契約に定められた授業開始⽇時まで24時間を切った後においては、授業料100%のキャンセル料を当社に⽀払うものとし、当社は授業契約の申込時に⽣徒が使⽤した使⽤チケットの返還は⾏いません。

4.本ポリシーに定めのない事項については、当社が別途定める最新の「⽣徒規約」が適⽤されるものとします。

キャンセルポリシー(講師向け)

講師が⽣徒から受けた授業契約の申込(リクエスト)の拒否の可否⼜は成⽴後の授業契約のキャンセル、成⽴後の授業契約をキャンセルした場合の取扱等については、この「キャンセルポリシー(講師向け)」(以下、「本ポリシー」といいます。)に定めるとおりとします。
なお、本ポリシーにおける⽤語の定義は、本ポリシーに特に定めのない限り、当社が別途定める「講師規約」の定義によるものとします。

1. 講師は、受講者から受けた授業契約の申込については、拒否するか否かを⾃由に判断することができるものとします。

2. 講師は、本サービス上のシステムを利⽤して受講者による授業契約の申込を承諾する旨の電⼦メール等を送信して授業契約が成⽴した後であっても、当該授業契約に定められた授業開始⽇時の24時間前までであれば、ペナルティーを負うことなく、成⽴後の授業契約のキャンセルを⾏うことができるものとします。

3. 講師は、授業契約に定められた授業開始⽇時まで24時間を切った後に、成⽴後の授業契約をキャンセルした場合、講師は当該授業契約に係る講師料の⽀払を受けられないものとします。また、受講者はレビュー(評価)を⾏うことができるため、講師の評価が下がる可能性があるものとします。

4. 本ポリシーに定めのない事項については、当社が別途定める最新の「講師規約」が適⽤されるものとします。

Terms and conditions for Student
(Reference purpose)

tomoni Japan Ltd (hereinafter referred to as the “Company”) provides the service PONTIS (hereinafter referred to as the “Service”) and this service is only available to Students (defined in Article 1 below) who have agreed to the “Terms and conditions for Student” (hereinafter referred to as the “Terms”). Students shall use the Service after agreeing to the Terms in advance.

Article 1 Definition
In this Terms, the following terms shall have the meanings ascribed to them below:
(1) “Lesson(s)”: The general term for teaching knowledge, providing information, conversational training, advice, and other similar acts.
(2) “Student”: An individual who wishes to take or is currently taking Lessons.
(3) “Instructor”: An individual who wishes to provide or is currently providing Lessons (referred to as “Teacher” on the Company’s website).
(4) “Lesson Contract”: A contract between the Instructor and Student for the provision and taking of Lessons.
(5) “Instructor Fee”: The amount paid by the Student to the Instructor through the Company as compensation for the Lesson.
(6) “Matching Service”: The service that mediates the conclusion of a Lesson Contract within the Service.
(7) “Matching Fee”: The fee paid by the Student to the Company as compensation for using the Matching Service.
(8) “Lesson Fee”: The cost paid by the Student to the Company as compensation for the Lesson, which is the total amount of the Instructor Fee and Matching Fee.
(9) “Ticket”: An electronic record that the Company grants to the Student in exchange for a certain amount of money, which can be used as a payment method for the Lesson Fee.
(10) “Coin”: The compensation given by the Company to the Instructor online as payment for the Lesson, and serves as the basis for calculating the Instructor Fee.
(11) “Company Website”: The website (https://pontis.jp) operated by the Company.
(12) “Email, etc.”: Messages sent using email or the messaging function on this website.

Article 2: Content of the Service
The Service shall consist of the following services:
(1) A service that facilitates searching for Lessons by Students, applying for Lesson Contracts, and managing contracted Lessons.
(2) A matching service.
(3) A service that provides Lessons to Students.
(4) A service that delivers updates, campaign information, and other information related to the Service to Students periodically or irregularly via email or other means.
(5) A service that facilitates the acceptance of Lesson Contract applications from Students by Instructors.
(6) Any other services separately designated by the Company.

Article 3: Application of the Terms
1.These Terms shall apply to the use of the Service by Students.
2.These Terms, along with all other regulations and notifications that the Company issues to Students pursuant to Article 4 (collectively referred to as the “Usage Agreement” below), shall constitute a part of these Terms.
3.If there is any discrepancy between the provisions of these Terms and those of the Usage Agreement, the notification, the regulation, and these Terms shall be applied in that order of priority. In addition, if there is any discrepancy between a notification by posting on the Company’s website and a notification by any other means, the latter shall take precedence.
4.The use of the Service by Instructors shall be subject to the separate Terms and conditions for Instructor (the “Terms for Instructor “) designated by the Company.
5.The date and time referred to in these Terms shall be in accordance with Japan Standard Time.

Article 4: Notifications from the Company
1.The Company shall provide notifications to Students by posting them on its website, sending them by email or other electronic means, sending documents, or by any other method deemed appropriate by the Company.
2.If the Company provides a notification to Students in accordance with the preceding paragraph by posting on its website, sending an email or other electronic means, or sending a document, the notification shall be effective from the time when the Company posts the notification on its website, sends the email or other electronic means, or sends the document.
3.Students shall be responsible for checking the notifications provided by the Company from time to time, and the Company shall not be responsible for any damages incurred by Students as a result of their failure to check such notifications.

Article 5. Eligibility to Use the Service
If the Student is a minor, they must obtain the consent of their parent or legal guardian to use the Service.

Article 6. Use of the Service
1.The Student shall judge for themselves the truthfulness, accuracy, certainty, reliability, usefulness, and other qualities, including quality, accuracy, certainty, reliability, and usefulness of the Service provided by the Company, and shall agree to use them at their own responsibility.
2.The Student shall judge for themselves the quality, accuracy, reliability, and usefulness of the Lessons provided by the Instructor and shall agree to use them at their own responsibility.
3.Prior to applying for a Lesson Contract, the Student shall confirm sufficient information about the Instructor providing the Lesson and apply for the Lesson Contract after confirming any questions about the Instructor’s identity and the content of the Lesson, etc. If there are any questions, the Student shall use the email function to contact the Instructor directly on the Service.
4.In principle, the Lesson shall be provided by the Instructor, and the Company shall not provide the Lesson except when deemed necessary by the Company.
5.The Student shall agree in advance that some Lessons may be conducted with only audio and that there may be differences in pronunciation among Instructors.
6The Company shall not conduct any evaluation or management of the Lessons provided by the Instructor or the information provided mutually between the Instructor and the Student.
7.The Company shall not guarantee the truthfulness, accuracy, certainty, reliability, usefulness, and other qualities of the Instructor’s personal information or other information posted by the Instructor.
8.The Company shall not be liable for any damages or losses incurred by the Student or third parties due to the Instructor’s actions or inactions.
9.The Company shall not be responsible for any information, files, or items provided mutually between the Student and the Instructor, and the Student shall agree in advance to release the Company from any kind of damages or losses caused by the provision of such information, files, or items.

Article 7: Troubles with Other Students or Third Parties
In the event that a Student experiences any harm or inconvenience from another Student, Instructor, or any other third party, or if a conflict arises between the Student and another Student, Instructor, or any other third party, the Student shall be responsible for resolving the matter at their own expense and responsibility. If the Company suffers any damages related to such a conflict, the Student shall be responsible for immediately compensating all of the damages, including reasonable attorney’s fees but not limited to them. In addition, if the Company resolves the conflict, all expenses incurred, including reasonable attorney’s fees but not limited to them, shall be borne by the Student.

Article 8: Student Registration
1.Students shall apply for registration by entering their name, gender, email address, password, country of residence, and other information specified by us on the input form on our website for Student registration (hereinafter referred to as “Student Registration Application”), and submitting it to us by the method specified by us separately. Except as permitted by us, Students shall not allow third parties to apply for Student registration on their behalf.
2.When applying for Student registration, Students shall not enter false information.
3.The Company shall accept a Student registration application by sending an email or using another method specified by us to inform the Student of our acceptance.
4.The Company may reject a Student registration application without disclosing the reason if any of the following apply:
(1) The Company discover that the Student registration application was made by a third party other than the Student (except as permitted by us separately).
(2) The Company discover that false, incorrect, or incomplete information was entered at the time of Student registration application.
(3) The Company discover that the Student has received a revocation of their Student registration due to a violation of these terms and conditions or other reasons in the past.
(4) The Company determine that it is inappropriate to accept the Student registration application for any other reason.
5.The Student shall immediately notify the Company through a method specified separately by the Company if there are any changes to the name, email address, country of residence, or other information specified separately by the Company that was entered by the Student at the time of application for Student registration.
6.Even if the Student suffers any disadvantage due to the failure to report as described in the preceding clause, the Company shall not be liable for any responsibility.
7.The Student may cancel their Student registration by following the procedures separately specified by the Company. However, any unused tickets held by the Student at the time when their Student registration is cancelled based on the provisions of this clause shall be extinguished at that time, and no refunds shall be made.
8.If 365 days have passed since the date of the Student’s last course application or last ticket purchase on this site, their Student registration will be automatically cancelled.

Article 9: Suspension of Service and Deletion of Student Registration by the Company
The Company may, without prior notice, suspend the provision of this Service to a Student or delete the Student’s registration if any of the following apply to the Student. In addition, any unused tickets held by the Student at the time of deletion of their registration under this Article shall be deemed to have expired at that time and shall not be refunded.
(1) It has been discovered that the Student has received a deletion of registration or similar punishment due to a violation of these Terms in the past.
(2) The Student has engaged in any of the acts listed in Article 17.
(3) The Student has violated these Terms in addition to the preceding two items.
(4) The Company determines that it is inappropriate to provide this Service or maintain the Student’s registration for any other reason.

Article 10: Management and Use of Passwords
1.The Student shall be solely responsible for the management and use of the password necessary for using the Service (hereinafter referred to as “Password”), and the Company shall not be responsible for the management of the password in any way.
2.The Student shall not transfer, lend, disclose, or allow any third party to use the password, except as separately approved by the Company.
3.The Student shall be solely responsible for any disadvantages, damages, alterations, or other problems caused by misuse of the password or unauthorized use by a third party, and the Company shall not be responsible for any such problems.
4.If the Student discovers that the password has been used illegally by a third party, the Student shall immediately contact the Company and follow any instructions given by the Company.

Article 11: Cost burden
1.The Student shall be responsible for preparing and paying for all hardware (including but not limited to PC, headset, microphone, earphones, etc.) and software (including but not limited to the video call app specified in Article 20, Clause 1) and all other communication networks required to use this service or attend the classes.
2.The Student acknowledges and agrees that using this service or attending classes will incur communication costs such as telephone charges, connection fees to the internet, electricity charges, and other expenses, and shall bear these costs.

Article 12: Conclusion of Lesson Contract, etc.
1.The Lesson Contract is concluded at the time when the Instructor sends an email or other electronic communication through the system of this service to accept the Student’s application for the Lesson Contract.
2.The Student agrees in advance that the Instructor may refuse to accept the Student’s application for the Lesson Contract or cancel the Lesson Contract after it has been concluded, in accordance with the “Cancellation Policy for Instructors” separately specified by the Company.

Article 13: Deadline for Evaluation after Class Completion
Students must provide feedback to the Instructor within 72 hours of the completion of the class based on the Lesson Contract. If feedback is not provided to the Instructor within 72 hours after the class, the class shall be considered to have been conducted successfully.

Article 14: Purchase, Management, and Use of Tickets
1.Students must purchase tickets from the Company and pay for the Lesson Fees to the Company by using the purchased tickets. Regarding the Instructor’s Fees, the Company will pay the Instructor by bank transfer on behalf of the Student.
2.The number of tickets required for payment of Lesson Fees shall be determined by the discretion of the Instructor.
3.At the time of applying for the Lesson Contract, the number of tickets equivalent to the Lesson Fees for the Lesson Contract will be deducted from the Student’s owned tickets.
4.Students must purchase tickets from the Company before applying for the Lesson Contract.
5.Students must agree in advance to purchase a certain number of tickets specified by the Company when purchasing tickets from the Company.
6.The purchase price of each ticket will be 1.10 yen (including tax), unless otherwise specified by the Company.
7.Students who wish to purchase tickets must apply for the purchase themselves through a method specified separately by the Company (hereinafter referred to as “purchase application”).
8.When making a purchase application, Students must not enter false information.
9.The purchase price of the ticket must be paid by the Student’s credit card (limited to those issued by a credit card company designated separately by the Company), PayPal, or other methods designated separately by the Company.
10.Students must agree in advance that they cannot withdraw or cancel their purchase application except as approved by the Company separately.
11.The Company may take appropriate measures such as canceling the ticket without prior notice to the Student in the following cases:
(1) It is discovered that the purchase application was made by a third party other than the Student.
(2) It is discovered that there were false statements, errors, or omissions in the information entered by the Student at the time of purchase application.
(3) It is discovered that someone else’s credit card was used to pay for the ticket.
(4) In addition to the preceding items, if the Student violates this Terms.
(5) If the Company determines that it is necessary to cancel the ticket or take other appropriate measures for any other reason.
12.The Student shall not use the ticket for any purpose other than payment of tuition fees.
13.The ticket is valid for six months from the date the Company issues the ticket to the Student, and the ticket will expire at the end of the six-month period. The validity period of each ticket is calculated and determined individually and shall not be extended for any reason.
14.The Student shall be responsible for all use and management of the ticket.
15.The Student shall not transfer, lend, or allow any third party to use the ticket.
16.The Student holding the ticket shall be responsible for any disadvantages, damages, alterations, etc. caused by errors in use or unauthorized use by a third party, and the Company shall not be liable for any responsibility.
17.If the Student discovers any unauthorized use or other illegal use of the ticket by a third party, they shall immediately contact the Company and follow any instructions provided by the Company.
18.The Student agrees in advance that the ticket will not be reissued for any reason, including in the case of unauthorized use by a third party.

Article 15: Refund of Usage Tickets
1.The handling of cancellations or changes to class schedules after the application or conclusion of a Lesson Contract by a Student, and the refund of usage tickets in the event of a cancellation (meaning the tickets deducted from the Student’s possession tickets based on Article 14, paragraph 3 will be returned as possession tickets of the Student, and the same applies hereafter) shall be in accordance with the “Cancellation Policy (for Students)” separately established by the Company.
2.In addition to the provisions of paragraph 1 above, in the event that any of the following items apply, the Student may request a refund of the usage tickets from the Company:
(1) The Lesson Contract concluded after its establishment is canceled due solely to the convenience of the Company or the Instructor, and the Student requests a refund of the tickets based on this fact.
(2) The performance of the accumulated time equivalent to 20% of the Lesson time specified in the Lesson Contract is obstructed during the Lesson due solely to the reasons attributable to the Instructor, and the Student requests a refund of the tickets based on this fact.
3.In the event that any of the following items apply, the Company may request the Student to provide necessary information deemed necessary by the Company, and the Student shall respond to such request promptly:
(1) When a Student or a Instructor cancels a Lesson Contract after it has been established.
(2) When the performance of Lessons equivalent to the accumulated time of 20% of the Lesson time stipulated in the Lesson Contract has been obstructed or when the Company judges that there is a possibility of such obstruction.
(3) When the Company judges that a Instructor has violated or is likely to violate the Terms for Instructor.
(4) When the Company deems it necessary for any other reason.
4.Whether or not any of the items listed in Paragraph 2 of this Article have occurred shall be determined by the Company after conducting a thorough investigation with the utmost sincerity towards both the Student and the Instructor, and the Student and the Instructor shall comply with such determination made by the Company.
5. Even in cases stipulated in Paragraph 1 or Paragraph 2 of this Article, if it is discovered that the Student has violated this Terms in relation to the Lesson Contract for which the ticket was used, the ticket shall not be refunded.

Article 16: Prohibition of Refund of Tickets
Except as provided in Article 25, paragraph 2, refunds for purchased tickets will not be made.

Article 17: Prohibited Matters
1.The Student shall not assign, succeed, or provide as collateral all or part of the rights and obligations based on this Terms to a third party.
2.The Student shall not engage in the following acts in connection with the use of this Service or attending classes:
(1) Transmitting or posting false information.
(2) Altering or deleting information that may be used through this Service, or attempting to do so.
(3) Infringing upon or potentially infringing upon the intellectual property rights, such as copyrights and trademarks, of other Students, tutors, third parties, or the Company.
(4) Slandering, defaming, discriminating against, or otherwise damaging the reputation or credibility of other Students, tutors, third parties, or the Company.
(5) Infringing upon or potentially infringing upon the property, privacy, portrait rights, or publicity rights of other Students, tutors, third parties, or the Company.
(6) Sending unsolicited electronic mails for advertisements, promotions, solicitations, etc. to other Students, Instructors, third parties, or the company without permission, sending electronic mails that recipients find offensive, obstructing the reception of other people’s electronic mails, asking third parties to forward chain emails, or forwarding emails in response to such requests.
(7) Acts that are associated with fraud or other crimes.
(8) Acts for the purpose of soliciting religious, political organizations, multi-level marketing, etc.
(9) Sending or posting behaviors, acts, images, documents, etc. that constitute obscenity or child abuse.
(10) Acts of election campaigns or similar acts or acts that violate the Public Offices Election Act.
(11) Using or providing harmful programs such as computer viruses or recommending them to third parties.
(12) Acts of using this service while impersonating other Students, Instructors, or third parties.
(13) Acts that violate laws or public order and morals (including prostitution, violence, and cruel acts, but not limited to these) or acts that disadvantage other Students, Instructors, third parties, or the company, as specified in the preceding items.
(14) Acts of introducing or mediating services that compete with or may compete with this service to other Students, Instructors, or third parties.
(15) Creating multiple accounts by the same person.
(16) Acts that excessively hurt or cause mental suffering to Instructors, other Students, or third parties, trample on personality, or are generally considered inappropriate. (17) Recording, filming, or audio recording of Lessons or seminars without the permission of the PONTIS administration or Instructors.
(18) Acts that promote or encourage the acts specified in the preceding items.
(19) Other acts deemed inappropriate by the company.
3.Students shall not use any information regarding Instructors learned through this service for any purpose other than the fulfillment of Lesson Contracts concluded through the use of this service and its matching services, even after the cancellation of Student registration. They shall not apply for Lessons directly with the Instructors included in the information without using the matching services.

Article 18: Handling of E-mails and Uploaded Information
1.We shall not be responsible for the content of e-mails or uploaded information created by Students, Instructors, or any third party.
2.Students shall assume full responsibility for sending e-mails, uploading information, corresponding with the service provider of the e-mail service, and any other conditions, warranties, or representations related to such correspondence, and agree to indemnify us against any damages or losses resulting from such correspondence.

Articlee 19: Handling of Confidential Information
1.Students shall provide us with personal information and other information related to Students as specified by us, which is necessary for using this service and attending classes, upon registering for the service or at any other opportunity specified by us. We shall publish, on this site, information that Students have consented to being published for the purpose of notifying Instructors, among the personal information we have obtained, after specifying in advance that we will do so.
2. In addition to what is specified in this Terms, Students shall strictly maintain the confidentiality of any and all information related to other Students, Instructors, third parties, and us that they have obtained in connection with using this service or attending classes, whether during or after their registration as Students, and shall not disclose or leak it to any third party, nor use it for any purpose other than performing their contractual obligations arising from the Lesson Contracts concluded through the use of this service, regardless of the method.
3. In addition to what is specified in this Terms, Students shall not provide information about services that compete or may compete with this service to other Students, Instructors, or any third party through our website or Lessons.

Article 20 Use of Video Call Applications
1.Students shall use a third-party video call application (hereinafter referred to as “video call app”) when taking classes.
2.Students shall comply with the terms of use, usage conditions, and other provisions stipulated by the third party providing the video call app when using the video call app.
3.Before registering as a Student, Students must download the video call app and confirm that it is available in their environment.
4.The Company shall not be responsible for any inability of a Student to attend a class due to the video call app being unavailable in the Student’s environment, hardware failure, setting failure, or any other reasons attributable to the Instructor.

Article 21 Monitoring Operations
1.The Company shall have the right to conduct monitoring operations at its own discretion to ensure that the Instructor and Student are using this service in compliance with this Terms, and to prevent any fraudulent or non-compliant activities.
2.The “message function” provided by this service is limited to the sender, receiver, and the Company alone being able to view messages. Within the scope necessary for providing this service, the Company may, if necessary, view the content, including the monitoring operations mentioned in the previous paragraph, and take measures that the Company deems appropriate against any violations of this Terms or fraudulent activities by the Instructor or Student. In addition, the Company may delete part or all of the messages in accordance with this Terms.

Article 22: Disclaimer of Warranties and Liabilities
1.We make no warranties or representations of any kind, whether express, implied, or statutory, regarding the truthfulness, accuracy, reliability, usefulness, or quality of the information provided through the Service, including the quality, reliability, or usefulness of the classes, and we shall not be responsible for any damages or losses incurred by Students related to these matters.
2.We shall not be liable for any damages or losses incurred by Students resulting from the suspension of the Service, deletion of Student registrations, interruption, modification, addition, or removal of the Service, or any other changes made to the Service.
3.We shall not be responsible for any damages or losses incurred by Students resulting from the intentional or unintentional acts or omissions of third parties, including other Students.
4.Except as expressly stated in these Terms, we shall not be responsible for any damages or losses incurred by Students related to the use of the Service or attendance of classes.
5.We shall not be responsible for any damages or losses incurred by other Students, Instructors, or third parties resulting from a Student’s use of the Service or attendance of classes.

Article 23 Interruption of Service Provision
In the event that any of the following circumstances apply, the Company may temporarily interrupt the provision of the Service to Students without prior notice:
(1) When it is necessary to maintain or repair the equipment for the Service
(2) When a malfunction occurs in the equipment for the Service
(3) When the use of the telecommunications service is unavailable due to a telecommunications service provided by a telecommunications service operator
(4) In other cases where the Company deems it necessary to temporarily interrupt the Service operationally or technically

Article 24 Changes or Additions to the Service
The Company may change or add to the content of the Service without prior notice to the Student.

Article 25: Termination of the Service
1.The Company may terminate the Service by notifying the Student.
2.In the event of termination of the Service, the Company shall refund the unused tickets held by the Student at the time of termination of the Service in accordance with the amount and method separately designated by the Company.

Article 26: Ownership of Rights
Unless otherwise specified, all copyrights, trademarks, intellectual property rights, portrait rights, publicity rights and all other rights related to the information provided by the Company in the Service (including but not limited to videos, audio, text, photographs, images, etc.) belong to the Company.

Article 27: Revision of this Terms
1.The Company may revise this Terms and the terms of use determined by the Company without obtaining the Student’s consent.
2.The revised Terms and terms of use determined by the Company shall take effect in accordance with Article 3, Paragraph 2 from the time when the Company notifies the Student of the revised content.

Article 28 Relationship with Consumer Contract Act
If any provision of these Terms and Conditions conflicts with or contradicts any provision of the Consumer Contract Act (Act No. 61 of May 12, 2000), that provision shall be invalid. However, this provision shall only apply to the extent of such conflict or contradiction, and the other provisions of the respective article that do not conflict or contradict shall remain in effect without any impact.

Article 29 Damages
In addition to any provisions set forth in these Terms and Conditions, if a Student breaches these Terms and Conditions or causes damage to the Company intentionally or negligently, the Student shall be responsible for immediately compensating the Company for all damages incurred (including reasonable attorneys’ fees, but not limited to them).

Article 30: Exclusion of Anti-Social Forces
1.In the event that it is discovered that a Student (including officers and those substantially involved in management if the Student is a corporation) falls under any of the following items (hereinafter referred to as “anti-social forces”), the Company may terminate this contract without any notice:
(1) Organized crime groups
(2) Members of organized crime groups
(3) Those who have ceased to be members of organized crime groups within five years from the time of cessation
(4) Quasi-members of organized crime groups
(5) Companies related to organized crime groups
(6) Sokaiya (individuals who extort money from companies by threatening to disrupt shareholder meetings)
(7) groups engaging in criminal activities under the pretext of conducting social campaigns
(8) Political racketeers (individuals who engage in fraudulent political activities)
(9) Special intelligence violent groups
(10) Others who are equivalent to the above items
2.In the event that it is discovered that a Student has a relationship that falls under any of the following items with anti-social forces, the Company may terminate this contract without any notice:
(1) When it is recognized that anti-social forces control management
(2) When it is recognized that anti-social forces are substantially involved in management
(3) When it is recognized that the Student is using or has used anti-social forces to benefit themselves, their company, or a third party, or to cause damage to a third party
(4) When it is recognized that the Student is involved in providing funds or providing benefits to anti-social forces
(5) When it is recognized that officers or those substantially involved in management have a relationship with anti-social forces that should be socially condemned
3.In the event that a Student engages in any of the following acts, either by themselves or through a third party, the Company may terminate this contract without any notice:
(1) Violent demands
(2) Unreasonable demands beyond legal responsibility
(3) Threats or use of violence in relation to transactions
(4) Spreading rumors, using fraud or force to damage the Company’s reputation or obstruct its business
(5) Other acts equivalent to the above items
4.In the event that the Company terminates this contract based on the provisions of this Article, even if the Student suffers damages, the Company shall not be obliged to compensate or indemnify the Student. Furthermore, if the Company suffers damages as a result of such termination, the Student shall compensate for such damages.

Article 31 Governing Law
The governing law for this Terms shall be the law of Japan.

Article 32 Jurisdiction
In the event that a lawsuit arises between a Student and the Company or between a Student and a tutor regarding the Service, the parties agree that the exclusive jurisdictional court of the first instance shall be either the Tokyo District Court or the Tokyo Summary Court, depending on the amount of the claim.

Article 33 Language
This Terms shall be prepared in Japanese and translated into English. The Japanese version shall be the original and the English version shall be prepared as a reference. In case of any discrepancy or conflict between the two language versions, the Japanese version shall prevail.

Article 34 Survival Clause
Even after the cancellation of the Student’s registration, the provisions of Article 6, Paragraph 1, Article 6, Paragraph 2, Article 6, Paragraph 5, Article 6, Paragraph 8, Article 6, Paragraph 9, Article 7, Article 9, Article 10, Article 11, Article 16, Article 18, Article 26, Article 28, and this Article shall remain valid.

Article 35 Consultation for Resolution
For any matters not specified in this Terms or in the event of any doubt concerning the interpretation of this Terms, the Student and the Company shall endeavor to resolve them in good faith through consultation.

Enacted and enforced on April 01, 2023.

Cancellation Policy (for Students)

Regarding cancellation of Lesson Contracts by Students after request or conclusion, return of used tickets in the event of cancellation, and other matters, the handling shall be in accordance with this “Cancellation Policy (for Students)” (hereinafter referred to as “this Policy”). The definitions of terms in this Policy shall be based on the definitions in the “Terms and conditions for Student” separately established by the Company unless otherwise specified in this Policy.

1. Prior to the Instructor sending an email accepting the application for the Lesson Contract using the system on this service, Students may cancel their application for the Lesson Contract without penalty. If a Student cancels their request for the Lesson Contract, the Company shall refund the used ticket(s) the Student used when requesting for the Lesson Contract.

2.Even after the Lesson Contract has been established by the Instructor sending an email accepting the application for the Lesson Contract using the system on this service, Students may cancel the established Lesson Contract without penalty until 24 hours before the Lesson start date and time stipulated in the Lesson Contract. If a Student cancels the established Lesson Contract, the Company shall refund the used ticket(s) the Student used when applying for the Lesson Contract.

3.Students shall pay a cancellation fee equal to 100% of the Lesson Fee to the Company if the Student cancel the established Lesson Contract within less than 24 hours prior to the Lesson start date and time stipulated in the Lesson Contract. The Company will not refund the used ticket(s) the Student used when applying for the Lesson Contract.

4. Matters not provided for in this Policy shall be subject to the latest “Terms and conditions for Student” separately established by the Company.

Cancellation policy (for Teachers)

Regarding the acceptance or rejection of Lesson requests from Students or the cancellation of Lesson Contracts after they have been concluded, and the handling of cases where a Lesson Contract has been canceled, Instructors shall follow this “Cancellation Policy (for Instructors)” (hereinafter referred to as “this policy”). Unless otherwise specified in this policy, the definitions of terms used in this policy shall be based on the definitions set forth in the “Terms and conditions for Instructor” separately established by the Company.

1.Instructors may freely decide whether to accept or reject Lesson requests from Students.

2. Even after sending an email or other form of electronic communication indicating acceptance of a Lesson Contract request made by a Student using the system on this service, Instructors may cancel the concluded Lesson Contract with no penalty up to 24 hours before the scheduled Lesson start time as specified in the Lesson Contract.

3.If an Instructor cancels the established Lesson Contract less than 24 hours prior to the Lesson start date and time specified in the Lesson Contract, the tutor will not receive payment for the Lesson. Additionally, as Students may provide reviews, there is a possibility of a decrease in the tutor’s rating.

4. Any matters not specified in this policy shall be subject to the latest “Terms and conditions for Instructor” established by the Company.

講師規約

株式会社ともにジャパン(以下、「当社」といいます。)が運営するサービスである「PONTIS」(以下、「本サービス」といいます。)は、以下の「講師規約」(以下、「本規約」といいます。)を承諾頂いた講師(第1条にて定義します。)にのみ提供するサービスです。講師は、あらかじめ本規約の内容に同意の上、本サービスを利⽤するものとします。

第1条 定義
本規約において、以下の各号の⽤語は、各号所定の意味を有するものとします。
(1)「授業」:知識の教授、情報の提供、会話の訓練、アドバイス⾏為等の総称を⾔います。
(2)「⽣徒」:授業の受講を希望する者、または授業を受講する者を指します。
(3)「講師」:授業の提供を希望する者、または授業を提供する者を指します。当社サイト上では「先⽣」と表⽰します。
(4)「授業契約」:講師と⽣徒との間で締結される授業提供および受講に関する契約のことを意味します。
(5)「講師料」:授業の対価として⽣徒が当社を介して講師に⽀払う料⾦
(6)「マッチングサービス」:本サービスのうち授業契約の締結を仲介するサービス
(7)「マッチング料」:マッチングサービス利⽤の対価として⽣徒が当社に⽀払う料⾦
(8)「授業料」:授業の対価として、⽣徒が当社に⽀払う費⽤。講師料とマッチング料との合計⾦額
(9)「チケット」:⼀定の⾦銭を対価として当社から⽣徒にオンライン上で付与され、授業料の⽀払い⼿段となるものを意味します。
(10)「コイン」:授業の対価として当社から講師にオンライン上で付与され、講師料の算定基準となるもの
(11)「当社サイト」:当社が運営するウェブサイト(https://pontis.jp)のこと
(12)「電⼦メール等」:電⼦メールまたは本サイトのメッセージ機能を使⽤して送信するメッセージを指します。

第2条 本サービスの内容
本サービスは、以下の各号のサービスをその内容とします。
(1)⽣徒による授業の検索、授業契約の申込、申込済みの授業契約の管理等を容易にするサービス
(2)マッチングサービス
(3)⽣徒に対して授業を⾏うサービス
(4)⽣徒に対して、電⼦メール等にて定期的にまたは不定期に本サイトの更新情報やキャンペーン情報その他の配信を⾏うサービス。
(5)講師による⽣徒からの授業契約の申込に対する承諾を容易にするサービス
(6)その他、当社が別途定めるサービス

第3条 規約の適⽤
1. 本規約は、講師による本サービスの利⽤について適⽤されます。
2. 本規約及び諸規定並びに当社サイト上での掲⽰を含む当社が第4条に基づき講師に対して発する⼀切の通知(以下、総称して「当社が定める利⽤規約等」といいます。)は、それぞれ本規約の⼀部を構成するものとします。
3. 本規約の規定と前項の利⽤規約、諸規定、通知の内容が異なる場合には、当該通知、当該諸規定、当該利⽤規約、本規約の順で優先して適⽤されるものとします。なお、当社サイト上での掲⽰による通知とその他の⽅法による通知の内容が異なる場合には、後に通知されたものが優先して適⽤されるものとします。
4. ⽣徒による本サービスの利⽤については、当社が別途定める⽣徒規約(以下、「⽣徒規約」といいます。)が適⽤されるものとします。
5. 本規約における⽇時は、⽇本の標準時刻に従うものとします。

第4条 当社からの通知
1. 当社から講師への通知は、当社サイト上での掲⽰、電⼦メール等の送信、⽂書の送付その他当社が適当と判断する⽅法により⾏います。
2. 前項の規定に基づき、当社が前項の通知を当社サイト上での掲⽰、電⼦メール等の送信⼜は⽂書の送付により⾏った場合は、当社が当社サイト上に掲⽰し、電⼦メール等を発信し、⼜は⽂書を発送した時点からその効⼒を⽣じるものとします。
3. 講師は、当社から講師への通知を随時確認する義務を負うものとし、講師が当該確認を怠ったことにより発⽣した講師の損害に関して当社は⼀切責任を負いません。

第5条 本サービスの利⽤資格
講師が本サービスを利⽤するには、以下の各号の条件にいずれにも該当する必要があるものとします。
1. 20歳以上で、法的責任能⼒があること
2. 居住国及び籍を置く国において、就業が許されていること

第6条 本サービスの利⽤に関して
1. 講師は、当社から提供される情報の真実性、正確性、確実性、信頼性、有⽤性等その他本サービスの品質、正確性、確実性、信頼性、有⽤性等については⾃ら判断するものとし、これらを⾃⼰の責任において利⽤することにあらかじめ同意するものとします。
2. 当社は、講師を雇⽤するものではなく、講師は、当社と講師との間に雇⽤に関する契約が⼀切成⽴しないことにあらかじめ同意するものとします。
3. 当社は、講師が安⼼して授業の提供ができるよう、当サイトの安全の確保に最⼤限の努⼒をいたしますが、それを保障するものではありません。
4. 講師は、本サービスを提供するにあたり、常に、⽣徒のことを最優先に考え、⼀般常識で考えられる範囲で、最善の対応を⼼がけるものとします。
5. 当社は、講師の提供する授業、その実施に伴う事前のやりとり、カスタマーサービスの質が、求められる⽔準に達していないと当社が判断した場合、当社の裁量で、講師への予告なく、講師料の取消を伴う授業料の返還を⾏えるものとします。また、講師の、⽣徒への態度・対応やカスタマーサービスについての考え⽅が、当社が求める⽔準と著しく異なる場合、当社の裁量で、該当する講師の登録を抹消することができるものとします。
6. 授業は原則として講師により提供されるものとし、当社は、当社が別途必要と認めた場合を除いては、授業を提供しないものとします。
7. 当社は、講師により提供される授業及び講師と⽣徒との間において相互に提供される情報の査定⼜は管理を⾏う義務を負わないものとします。
8. 当社は、講師及び⽣徒の⾝元情報その他講師及び⽣徒が掲⽰する諸情報の真実性、確実性、信頼性、有益性等については、⼀切保証しないものとします。
9. 当社は、講師が本サービスに関連して法令に違反する⾏為を⾏ったとしても、⼀切の責任を負わないものとします。
10. 当社は、⽣徒と講師との間で相互に提供されるいかなる情報、ファイル及び物品等について⼀切責任を負わないものとし、講師は、これらの情報、ファイル⼜は物品等の提供によって講師に⽣じたいかなる種類の損害⼜は損失等からも当社を免責することにあらかじめ同意するものとします。
11. 講師は、当社が別途認める場合を除き、⽣徒に対し、マッチングサービスにより締結されたレッスン契約の履⾏以外の⽬的で情報、ファイル及び物品等を提供してはならないものとします。

第7条 他の講師等とのトラブル
講師は、万が⼀、他の講師、⽣徒その他の第三者から何らかの被害や迷惑を被る等、講師と他の講師、⽣徒その他の第三者との間でトラブルが⽣じた場合には、⾃⼰の責任と費⽤をもってその処理解決を図るものとし、当該トラブルに関連して当社が損害を被った場合には、その全ての損害(合理的な弁護⼠費⽤を含みますがこれに限りません。)を直ちに賠償する責任を負うものとします。なお、当社が当該トラブルを処理解決した場合には、その処理解決に要した全ての費⽤(合理的な弁護⼠費⽤を含みますがこれに限りません。)は、講師の負担とします。

第8条 講師登録
1. 講師は、⾃ら当社サイト上の講師登録ページの⼊⼒フォームに⾃⼰の⽒名、性別、電⼦メールアドレス、パスワード、居住国その他当社が別途指定する情報を⼊⼒し、これを当社に送信する⽅法その他当社が別途指定する⽅法により講師登録申込(以下、「講師登録申込」といいます。)を⾏うものとします。なお、講師は、講師登録申込を第三者に⾏わせてはならないものとし、また、講師登録申込の際、虚偽の内容を⼊⼒してはならないものとします。
2. 講師登録申込の後、当社とオンライン⾯談の後に、当社は、講師に対し、講師登録申込を承諾する旨の電⼦メール等を送信する⽅法その他当社が別途定める⽅法により講師登録申込を承諾するものとします。
3. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、その理由を開⽰することなく、講 師登録申込を承諾しないことができるものとします。
(1)講師登録申込が講師以外の第三者により⾏われたことが判明した場合(但し、当社が別途認める場合を除きます。)
(2)講師登録申込時に⼊⼒された内容に虚偽、誤記、⼊⼒漏れがあったことが判明した場合
(3)講師が過去に本規約違反等により講師登録の抹消処分等を受けていたことが判明した場合
(4)その他、講師登録申込を承諾することが不適切であると当社が判断した場合
4. 講師は、講師登録申込時に⼊⼒した⽒名、電⼦メールアドレス、居住国その他当社が別途指定する情報に変更が⽣じた場合、当社が別途定める⽅法により直ちに当社に届け出るものとします。
5. 講師は、当社に届け出た内容に変更が⽣じた場合には、速やかに当社に所定の⽅法で変更の届出をするものとします。
6. 講師が、前項の届出をするまでの間または前項の届出を怠ったことにより、不利益を被ったとしても、当社は⼀切その責任を負いません。
7. 講師は、当社が別途定める⼿続により⾃ら講師登録を抹消することができるものとします。ただし、既に確定したレッスン予定がある場合には、その限りではありません。
8. 講師が本サイト上で⾃らの最後の授業可能スケジュールの登録を⾏った⽇または最後の授業実施の⽇のいずれかの遅い⽅から365⽇を経過した場合、講師登録は⾃動的に抹消されます。

第9条 本サービス提供の停⽌・当社による講師登録の抹消
当社は、講師が以下の各号のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、当該講師に対する本サービスの提供を停⽌し、⼜は講師登録の抹消を⾏うことができるものとします。
(1)過去に本規約違反等により講師登録の抹消処分等を受けていたことが判明した場合
(2)第14条各号に定める⾏為を⾏った場合
(3)前⼆号に定める他、本規約に違反した場合
(4)⽣徒への接し⽅や、授業の提供における考え⽅が、第5条4号にて求められる⽔準に満たないと判断された場合
(5)継続して授業を提供した場合、当サイトの信頼性を損ねると判断された場合
(6)その他、本サービスを提供し、⼜は講師登録を維持することが不適切であると当社が判断した場合

第10条 パスワードの管理・使⽤等
1. 講師は、本サービスの利⽤に必要なパスワード(以下、「パスワード」といいます。)の管理及び使⽤について⼀切の責任を負うものとし、当社はパスワードの管理について⼀切の責任を負いません。
2. 講師は、当社が別途認める場合を除き、パスワードを第三者に譲渡、貸与若しくは開⽰し、⼜は使⽤させてはならないものとします。
3. パスワードの使⽤上の過誤⼜は第三者の不正使⽤等による不利益、損害、改ざん等については、当該パスワードを保有する講師が⼀切の責任を負うものとし、当社は⼀切の責任を負わないものとします。
4. 講師は、パスワードが第三者により無断で使⽤される等の不正使⽤がなされていることを発⾒した場合、当社へ直ちに連絡するものとし、当社から指⽰がある場合はこれに従うものとします。

第11条 費⽤負担
1. 講師は、本サービスを利⽤し、⼜は授業を提供するために必要なハードウェア(PC、ヘッドセット、マイク、イヤホン等を含みますがこれらに限りません。)、ソ フトウェア(第19条第1項に定めるビデオ通話アプリを含みますがこれに限りません。)、通信回線その他の⼀切を⾃⼰の責任と費⽤をもって準備するものとします。
2. 講師は、本サービスの利⽤⼜は授業の提供には、前項に定める他、電話代等の通信費⽤、インターネットへの接続費⽤、電気代その他の費⽤がかかることを了承し、これを負担するものとします。

第12条 講師料
1. 講師は、当社に対し、当社が講師に代わって⽣徒から講師料を徴収し、⼜は⽣徒から徴収した講師料を返還するために必要な⼀切の権限を付与するものとします。
2. 講師は、授業の内容及び時間等に鑑み、⾃らの判断で授業料の⽀払いに必要なチケット数(以下、「講師設定チケット数」といいます。)を設定し、当社が別途指定する⽅法により。当社サイト上に掲⽰するものとします。
3. 講師料は、講師設定チケット数の80%がコインとして各講師のMYPに溜まっていきます。当社から各講師への講師料⽀払の際には1コインを1円(消費税相当額込の⾦額)として計算するものとします。
4. 講師料の⽀払は講師から当社への⽀払依頼に基づき実⾏します。 ⽀払依頼がなされた場合、講師が別途指定し当社が事前に承認した銀⾏⼝座またはPaypal⼝座に振込送⾦の⽅法により⽀払依頼がなされた⽉の翌⽉末(⽉末が銀⾏の休商⽇の場合、その前営業⽇)までに送⾦します。なお、当該振込に必要な⼿数料は講師が負担するものとします。なお、本サービス開始後、最初の講師料⽀払依頼は本サービスの公式スタート2ヶ⽉めからとします。また、本サービスの公式スタートまでに⼀回の⽀払依頼コイン数の最低数を設定します。
5. 前項の定めにかかわらず、当社は、以下のいずれかに該当する場合、講師料の送⾦を留保することができるものとします。
(1)利⽤者から当社にチケットの返還請求がなされた場合
(2)契約で定められていた授業の時間のうち、累計20%に相当する時間分の授業の遂⾏が妨げられた場合⼜はその可能性があると当社が判断した場合
(3)講師が本規約に違反し、⼜は違反している可能性があると当社が判断した場合
(4)本条第4項に定める銀⾏⼝座その他講師が当社に届け出た情報に誤り⼜は不⾜等があるために当社が講師料の⽀払を⾏うことができない場合
(5)その他、当社が講師料の⽀払を留保する必要があると判断した場合
6. ⽣徒規約及び当社が別途定める「キャンセルポリシー(⽣徒向け)」の定めに基づき当社が⽣徒からの使⽤チケットの返還請求に応じた場合、⽣徒の講師に対する講師料の⽀払義務及び当社の講師に対する当該使⽤チケットに対応する講師料の送⾦義務は消滅するものとし、当該講師料が送⾦済みの場合は、講師は直ちに当該送⾦済みの講師料に相当する⾦額を当社に返還するものとします。
7. 講師料の⽀払いは⽇本円のみで⾏います。

第13条 授業契約
1. 授業契約は、⽣徒による授業契約の申込に対し、講師が本サービス上のシステムを利⽤して当該申込を承諾する旨の電⼦メール等を送信した時点で成⽴するものとします。
2. 講師は、当社が別途定める「キャンセルポリシー(⽣徒向け)」に基づき⽣徒が授業契約の申込⼜は成⽴後の授業契約をキャンセルすることができることにあらかじめ同意するものとします。
3. 講師が⽣徒から受けた授業契約の申込の拒否の可否、成⽴後の授業契約のキャンセル、成⽴後の授業契約をキャンセルした場合の取扱等については、当社が別途定める「キャンセルポリシー(講師向け)」に従うものとします。
4. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する事態⼜は該当すると⾒込まれる事態が発⽣した場合、講師に対し、当社が必要と判断する情報の提供を請求することができるものとし、講師は当該請求に直ちに応じなければならないものとします。
(1)講師⼜は⽣徒が成⽴後の授業契約をキャンセルした場合
(2)第12条第5項各号のいずれかに該当する場合
(3)その他、当社が必要と判断した場合
5.授業申し込みへの承諾・不承諾の期限:
講師は⽣徒から授業契約の申込みがあった場合、当該授業の開始36時間前もしくは授業申し込み後48時間以内のどちらか早い⽅までに承諾(もしくは不承諾)を⾏う必要があります。 この期限を過ぎると不承諾とみなし、その旨⽣徒に通知されます。

第14条 授業終了後の評価の期限
講師は、授業契約に基づく授業の終了後72時間以内に当該授業の⽣徒へのフィードバックを⾏う必要があります。授業終了後72時間以内に⽣徒へのフィードバックがなされなかった場合は、授業を⾏っていないとみなします。

第15条 禁⽌事項
1.講師は、当社の書⾯による事前の承諾なしに、本規約に基づく地位、権利もしくは義務の全部もしくは⼀部を第三者に譲渡し、引き受けさせ、または担保に供してはならないものとします。(カフェトークでは27条「権利義務の移転・担保提供の禁⽌」として独⽴させている。)
2. 講師は、本サービスの利⽤⼜は授業の提供に関連して、以下の⾏為を⾏わないものとします。
(1)犯罪や差別に関する内容を含む授業その他のサービスの提供その他犯罪に結びつく⾏為
(2)公序良俗に反する内容の授業その他のサービスの提供
(3)わいせつ⼜は児童虐待にあたる⾔動、⾏為、画像、⽂書等を送信⼜は掲⽰する⾏為
(4)物品の売買等授業の提供以外の⽬的で本サービスを利⽤する⾏為
(5)他の講師、⽣徒その他第三者若しくは当社の財産、プライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権を侵害する⾏為⼜は侵害するおそれのある⾏為
(6)事実に反する情報を送信⼜は掲⽰する⾏為
(7)本サービスにより利⽤しうる情報を改ざん⼜は消去する⾏為⼜はそれを試みる⾏為
(8)他の講師、⽣徒その他の第三者若しくは当社の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する⾏為⼜は侵害するおそれのある⾏為
(9)他の講師、⽣徒その他の第三者若しくは当社を差別若しくは誹謗中傷し、⼜は他の講師、⽣徒その他の第三者若しくは当社の名誉若しくは信⽤を傷つける⾏為
(10)宗教、政治結社、マルチ商法等の勧誘を⽬的とする⾏為。
(11)選挙運動若しくはこれに類似する⾏為⼜は公職選挙法に違反する⾏為
(12)コンピュータウイルス等有害なプログラムを使⽤若しくは提供する⾏為⼜は推奨する⾏為
(13)他の講師、⽣徒その他の第三者になりすまして、本サービスを利⽤する⾏為
(14)前各号に定める他、法令若しくは公序良俗に反する⾏為⼜は他の講師、⽣徒その他の第三者若しくは当社に不利益を与える⾏為
(15)他の講師、⽣徒その他の第三者に対して本サービスと競合し、⼜は競合する可能性のあるサービスを紹介、斡旋等する⾏為
(16)本サービスと競合、⼜は競合する可能性のある第三者に、講師として知り得た、本サービスに関する情報を提供する⾏為
(17)PONTIS事務局の許可なく、⾮営利⽬的の授業を提供すること(⼀時的な割引による授業の無料化、有料授業の事前相談、体験授業を除く)
(18)前各号に定める⾏為を助⻑⼜は促進する⾏為
(19)その他、当社が不適切と判断した⾏為
3. PONTISの内外を問わず、過去に、犯罪⾏為、反社会的⾏為、差別や暴⼒を助⻑する⾏為に携わったことが確認でき、弊社の定める基準により、その真実性が認められた場合は、速やかに、予告なく講師のアカウントを停⽌できるものとします。
4.講師は、講師登録中はもちろん講師登録抹消後であっても、本サービスに関連して知り得た受講者に関する情報を本サービスの利⽤及びマッチングサービスにより締結された授業契約の履⾏以外の⽬的に使⽤してはならず、当該情報に含まれる⽣徒に対してマッチングサービスを利⽤することなく直接の授業の申込等を⼀切⾏ってはならないものとします。
5. 講師は、当社の提供する本サービスならびに本サービスのコンテンツおよびその内容について、その全部または⼀部を問わず、商業⽬的で利⽤(使⽤、複製、複写、蓄積、再⽣、販売、再販売その他形態など)することはできません。

第16条 講師の責任
講師は、当社に対し、以下の各号に定める事項を表明及び保証するとともに、講師が以下の各号に定める事項に違反したとしても、当社には⼀切の責任がないことにあらかじめ同意するものとします。
(1)講師が本サイト上にアップロードしている情報その他講師が当社に届け出ている情報が正確かつ最新の情報であること
(2)講師が⽣徒に提供する情報及び授業の真実性、正確性、信頼性、有⽤性等
(3)授業契約において受講者と合意した内容(授業内容、授業時間を含みますがこれらに限りません。)を履⾏すること
(4)当社から受け取った講師料について、講師の出⾝国及び居住国の法令等に従い⾃ら全ての責任を負って税⾦や税⾦⽀払の⼿続等に対応すること

第17条 電⼦メール・アップロードされた情報等
1. 当社は、講師、⽣徒その他の第三者が作成した電⼦メール等⼜はアップロードされた情報等の内容については、⼀切の責任を負わないものとします。
2. 講師の電⼦メール送信、情報等のアップロード、電⼦メールのサービスプロバイダとの対応及び当該対応に関連する他の条件、保証⼜は表明については、講師が⼀切の責任を負うものとし、講師は、当該対応の結果としてのいかなる種類の損害⼜は損失等から当社を免責することに同意するものとします。

第18条 秘密情報等の取扱
1. 講師は、講師登録申込の際その他当社が別途指定する機会に、本サービスの利⽤及び授業の提供に必要な情報として当社が別途指定する講師の個⼈情報その他講師に関する情報(以下、「個⼈情報等」といいます。)を当社に提供するものとします。当社は、個⼈情報等のうち当社が別途⼊⼒フォーム等において⽣徒に知らせる⽬的で本サイト上に掲⽰することを明⽰した上で当該掲⽰を⾏うことにつき講師からあらかじめ同意を得た情報を、本サイト上に掲⽰するものとします。
2. 本規約に特に定める他、講師は、講師登録中はもちろん講師登録抹消後であっても、本サービスの利⽤⼜は授業の提供に関連して得られた他の講師、⽣徒その他の第三者及び当社に関する⼀切の情報(以下、「秘密情報」といいます。)について、その秘密を厳重に保持するものとし、⽅法の如何を問わず、これを第三者に開⽰あるいは漏洩し、また、本サービスの利⽤及びマッチングサービスにより締結された授業契約の履⾏以外の⽬的のために使⽤してはならないものとします。
3. 講師は、当社が要求した場合⼜は講師登録が抹消された場合、当社の指⽰に従い、直ちに当社から受領した情報、ファイル、物品等の⼀切を返却⼜は廃棄しなければならないものとします。
4. 本規約に特に定める他、講師は、講師料に関する情報及び本サービスと競合し、⼜は競合する可能性のあるサービスに関する情報を他の講師、受講者その他の第三者に提供してはならないものとします。

第19条 ビデオ通話アプリの利⽤
1. 講師は、授業を提供する際、第三者の提供するビデオ通話アプリ(以下、「ビデオ通話アプリ」といいます。)を使⽤するものとします。
2. 講師は、ビデオ通話アプリを使⽤する際には、ビデオ通話アプリを提供する第三者の定める利⽤規約、使⽤条件その他の定めに従うものとします。
3. 講師は、講師登録を⾏う前に、あらかじめビデオ通話アプリをダウンロードし、講師の環境下でビデオ通話アプリが使⽤可能かどうかを確認しなければならないものとします。
4. 当社は、講師の環境下でビデオ通話アプリが使⽤できなかったこと、ビデオ通話ア プリの使⽤に必要なハードウェアの故障及び設定不備その他講師側の事由により講師が授業を提供できなかったとしても、⼀切の責任を負わないものとします。

第20条 監視業務
1. 当社は、講師及び⽣徒が本規約等に従った本サービスの利⽤をしているか、また、本規約等に反する⾏為や不正がないかを監視する業務を独⾃の裁量で⾏う権利を有するものとします。
2. 本サービスで提供する「メッセージ機能」は、メッセージの送信者と受信者及び当社の三者のみが閲覧出来るようになっています。当社は前項の監視業務を含め本サービスの提供上必要な範囲に限り、かつ必要に応じて、その内容を閲覧し、講師及び⽣徒の本規約等の違反⾏為⼜は不正⾏為に対して弊社が適切と考える措置を⾏うことができるほか、本規約に照らして⼀部⼜は全てを削除することがあります。

第21条 ⾮保証・免責
1. 当社は、本サービスにおいて提供する情報の真実性、正確性、確実性、信頼性、有⽤性等その他本サービス及び授業の品質、信頼性、有⽤性等について、いかなる保証も⾏わないものとし、講師がこれらに関連して被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
2. 当社は、本サービスの提供の停⽌、講師登録の抹消、本サービスの中断、変更、追加、廃⽌等により講師が被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
3. 当社は、講師が他の講師を含む第三者の作為⼜は不作為により被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
4. 本規約に特に定める他、当社は、本サービスの利⽤に関連して講師が被った損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。
5. 当社は、講師が本サービスの利⽤に関連して他の講師、⽣徒その他の第三者に与えた損害⼜は損失等について、⼀切の責任を負わないものとします。

第22条 本サービス提供の中断
1. 当社は、次のいずれかに該当する場合には、講師に事前に通知することなく、本サービスの提供を⼀時的に中断することができるものとします。
(1)本サービス⽤設備の保守⼜は⼯事のため、やむを得ない場合
(2)本サービス⽤設備に障害が発⽣し、やむを得ない場合
(3)電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利⽤が不能になった場合
(4)その他、運⽤上⼜は技術上当社が本サービスの⼀時的中断が必要と判断した場合
2. 当社が本サービスを停⽌すること、ならびに停⽌できなかったことによってお客様、および第三者が損害を被った場合も、当社は⼀切の賠償責任を負いません。

第23条 本サービスの内容の変更・追加
当社は、講師に事前に通知することなく、本サービスの内容を変更⼜は追加することができるものとします。

第24条 本サービスの廃⽌
当社は、講師に通知することにより、本サービスを廃⽌することができるものとします。

第25条 権利の帰属
当社が本サービスにおいて提供する情報等(映像、⾳声、⽂章、写真、画像等を含みますがこれらに限りません。)に関する著作権、商標権等の知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他⼀切の権利は、別段の定めがない限り、全て当社に帰属するものとします。

第26条 本規約等の改定
1. 当社は、講師の承諾を得ることなく、本規約、当社が定める利⽤規約等を改定することができるものとします。
2. 改定後の本規約、当社が定める利⽤規約等は、当社が講師に対してその改定内容を通知した時点から第4条第2項に従いその効⼒を⽣じるものとします。

第27条 損害賠償
本規約に特に定める他、講師は、本規約に違反したことにより、⼜は故意若しくは過失により、当社に損害を与えた場合、当社に対し、その全ての損害(合理的な弁護⼠費⽤を含みますがこれに限りません。)を直ちに賠償する責任を負うものとします。

第28条 反社会的勢⼒の排除
1. 当社は、講師(講師が法⼈である場合には、役員及び経営に実質的に関与している者を含む)が以下の各号に該当する者(以下 「反社会的勢⼒」という。)であることが判明した場合には、何らの催告を要せず、本契約を解除することができる。
(1)暴⼒団
(2)暴⼒団員
(3)暴⼒団員でなくなった時から5年を経過しない者
(4)暴⼒団準構成員
(5)暴⼒団関係企業
(6)総会屋等
(7)社会運動等標ぼうゴロ
(8)政治活動等標ぼうゴロ
(9)特殊知能暴⼒集団
(10)その他前各号に準ずる者
2. 当社は、講師が反社会的勢⼒と以下の各号の⼀にでも該当する関係を有することが判明した場合には、何らの催告を要せず、 本契約を解除することができる。
(1)反社会的勢⼒が経営を⽀配していると認められるとき
(2)反社会的勢⼒が経営に実質的に関与していると認められるとき
(3)⾃⼰、⾃社若しくは第三者の利益を図り、⼜は第三者に損害を加えるために、反社会的勢⼒を利⽤した⼜は利⽤して いると認められるとき
(4)反社会的勢⼒に対して資⾦等を提供し、⼜は便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
(5)その他役員等⼜は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢⼒と社会的に⾮難されるべき関係を有しているとき
3.当社は、講師が⾃ら⼜は第三者を利⽤して以下の各号の⼀にでも該当する⾏為をした場合には、何らの催告を要せず、 本契約を解除することができる。
(1)暴⼒的な要求⾏為
(2)法的な責任を超えた不当な要求⾏為
(3)取引に関して、脅迫的な⾔動をし、⼜は暴⼒を⽤いる⾏為
(4)⾵説を流布し、偽計⼜は威⼒を⽤いて当社の信⽤を棄損し、⼜は当社の業務を妨害する⾏為
(5)その他前各号に準ずる⾏為
4.当社が本条各項の規定により本契約を解除した場合には、講師に損害が⽣じても当社は何らこれを賠償ないし補償することは 要せず、また、かかる解除により当社に損害が⽣じたときは、講師はその損害を賠償するものとする。

第29条 準拠法
本規約に関する準拠法は、⽇本法とします。

第30条 管轄裁判所
講師及び当社は、本サービスに関連して講師と当社との間⼜は⽣徒と講師との間で訴訟の必要が⽣じた場合、その訴額に応じて東京地⽅裁判所⼜は東京簡易裁判所を第⼀審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

第31条 ⾔語
本契約は、⽇本語で作成され、英語に翻訳される。⽇本語版が正本であり、英語版は参考として作成される。これら両⾔語版の間に⽭盾抵触がある場合、⽇本語版が優先する。

第32条 存続条項
講師登録抹消後といえども、第3条、第4条、第6条第1項ないし第3項、同条第5項ないし第8項、第7条、第10条、第11条、第12条第2項、同条第5項ないし第7項、第13条、第15条ないし第17条、第19条第4項、第20条、第25条、第27条ないし本条の各規定はなお有効に存続するものとします。

第33条 協議解決
本規約に定めのない事項⼜は本規約の解釈について疑義が⽣じた事項については、講師と当社とで誠意をもって協議の上、解決にあたるものとします。

2023年4⽉1⽇ 制定・施⾏

キャンセルポリシー(講師向け)

講師が⽣徒から受けた授業契約の申込(リクエスト)の拒否の可否⼜は成⽴後の授業契約のキャンセル、成⽴後の授業契約をキャンセルした場合の取扱等については、この「キャンセルポリシー(講師向け)」(以下、「本ポリシー」といいます。)に定めるとおりとします。なお、本ポリシーにおける⽤語の定義は、本ポリシーに特に定めのない限り、当社が別途定める「講師規約」の定義によるものとします。

1. 講師は、受講者から受けた授業契約の申込については、拒否するか否かを⾃由に判断することができるものとします。

2. 講師は、本サービス上のシステムを利⽤して受講者による授業契約の申込を承諾する旨の電⼦メール等を送信して授業契約が成⽴した後であっても、当該授業契約に定められた授業開始⽇時の24時間前までであれば、ペナルティーを負うことなく、成⽴後の授業契約のキャンセルを⾏うことができるものとします。

3. 講師は、授業契約に定められた授業開始⽇時まで24時間を切った後に、成⽴後の授業契約をキャンセルした場合、講師は当該授業契約に係る講師料の⽀払を受けられないものとします。また、受講者はレビュー(評価)を⾏うことができるため、講師の評価が下がる可能性があるものとします。

4. 本ポリシーに定めのない事項については、当社が別途定める最新の「講師規約」が適⽤されるものとします。

キャンセルポリシー(⽣徒向け)

⽣徒による授業契約の申込⼜は成⽴後の授業契約のキャンセル、キャンセルがなされた場合の使⽤チケットの返還の取扱等については、この「キャンセルポリシー(⽣徒向け)」(以下、「本ポリシー」といいます)に定めるとおりとします。なお、本ポリシーにおける⽤語の定義は、本ポリシーに特に定めのない限り、当社が別途定める「⽣徒規約」の定義によるものとします。

1.⽣徒は、授業契約の申込を⾏った後、講師が本サービス上のシステムを利⽤して当該申込を承諾する旨の電⼦メールを送信するまでの間においては、ペナルティーを負うことなく、授業契約の申込のキャンセルを⾏うことができるものとし、⽣徒が授業契約の申込のキャンセルを⾏った場合には、当社は授業契約の申込時に⽣徒が使⽤した使⽤チケットの返還を⾏うものとします。

2.⽣徒は、講師が本サービス上のシステムを利⽤して⽣徒による授業契約の申込を承諾する旨の電⼦メールを送信して授業契約が成⽴した後であっても、当該授業契約に定められた授業開始⽇時の24時間前までであれば、ペナルティーを負うことなく、成⽴後の授業契約のキャンセルを⾏うことができるものとし、⽣徒が成⽴後の授業契約のキャンセルを⾏った場合には、当社は、授業契約の申込時に⽣徒が使⽤した使⽤チケットの返還を⾏うものとします。

3.⽣徒は、授業契約に定められた授業開始⽇時まで24時間を切った後においては、授業料100%のキャンセル料を当社に⽀払うものとし、当社は授業契約の申込時に⽣徒が使⽤した使⽤チケットの返還は⾏いません。

4.本ポリシーに定めのない事項については、当社が別途定める最新の「⽣徒規約」が適⽤されるものとします。